見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

横手で風景図画コンクール 市内小学生の作品535点を展示

横手の朝日に照らされた田んぼを描いた作品

横手の朝日に照らされた田んぼを描いた作品

  •  

 横手市交流センター「Y2((わいわい)ぷらざ)」(横手市駅前町)で10月31日から、「わたしのすきな横手の風景」図画コンクール作品展示会が開かれている。

横手の風習、巨大なワラ人形「鹿島様」を描いた作品

 会場には、市内の小学4年~6年生が田園風景や草花、建物や祭りなど四季折々の横手の風景を切り取り色とりどりに描いた絵画535点を展示している。

[広告]

 横手市では2012年、歴史や文化を踏まえた個性や特色のある景観を守ることを目的に「横手市景観計画」を制定し、同計画の周知のため2013年から毎年この時期に同展を開いている。

 開催時間は9時~22時。11月5日まで。