食べる 暮らす・働く

横手の農家が新事業「害虫駆除」 前職の経験生かし

菊地農園の菊地優さん

菊地農園の菊地優さん

  •  

 「菊地農園」(横手市十文字木下、TEL 090-8251-6961)の菊地優さんが9月から、害虫駆除の事業を始めている。

9月に駆除したスズメバチの巣

 「自分で育てた安全な野菜を生産したい」と2017年、それまで勤めていた害虫駆除を手掛ける会社を辞め、専業農家に転身した菊地さん。現在、キュウリを中心に、トマトの希少品種「ジュエルトマト」や「いぶりがっこ」用の大根の栽培などに取り組む。

[広告]

 現在の仕事を通じ、地域住民から蜂の巣の駆除を頼まれたことをきっかけに、農業と併せて「地域の皆さんに求められるサービスとして提供できるのでは」と、前職の経験を生かして新事業を立ち上げた。

 菊地さんは「安全な野菜を生産する農業も害虫駆除も、地域の皆さんに安心を届けられる点で共通している。9月から10月にかけて、スズメバチの攻撃性が高まる季節。地の利を生かしたスピーディーな対応を心掛けたい」と意気込みを見せる。

 料金は、蜂の巣の駆除が8,000円~。その他の害虫駆除の相談にも応じる。