学ぶ・知る

横手で「ぼんでん唄」講習会 コンクールに向け民謡会が指導

横手市の「ぼんでん唄講習会」の様子

横手市の「ぼんでん唄講習会」の様子

  •  

 「ぼんでん唄講習会」が1月19日、横手市交流センター「Y2(わいわい)ぷらざ)」(横手市駅前町)で開かれる。

横手市の「ぼんでん唄コンクール」の様子

 秋田ふるさと村(赤坂)で2月3日に開催予定の「ぼんでん唄コンクール」出演へ向け、横手市観光協会が毎年開く講習会。約300年の歴史を持つ旭岡山神社の神事で歌われる「ぼんでん唄」は、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、商売繁盛などの願いを込め、重さ約30キロの飾り御幣(ぼんでん)を奉納する際に歌う。

[広告]

 講習会では、横手市民謡連合会が、「節回し」など「ぼんでん唄」の特徴を指導する。

 開催時間は18時30分~20時。参加無料。申し込みは横手市観光協会(TEL 0182-33-7111)まで。

ピックアップ

ピックアップ