見る・遊ぶ 学ぶ・知る

横手で「あそびがっこう」初開催 使わなくなったおもちゃの提供呼び掛ける

「よこラボプロジェクト」事業発表会の様子

「よこラボプロジェクト」事業発表会の様子

  •  
  •  

 世代間交流を目的としたイベント「金沢あそびがっこう」(9月28日・29日)に向けたおもちゃの回収会が8月25日、横手市交流センター「Y2(わいわい)ぷらざ」(横手市駅前町)で開かれる。

「よこラボプロジェクト」活動の様子(2019年撮影)

 まちづくり事業などに取り組む「よこラボプロジェクト」のメンバーが企画した4事業の中から市民投票で選ばれた同イベント。「『あそび』が『つむぐ』ものがたり」をテーマに「つむらんど」と銘打ち初めて開く。

[広告]

 使わなくなった、ラジコンカーやブロックのほか、けん玉や竹とんぼなど昔のおもちゃも募集する。集まったおもちゃは、同イベントの参加者に自由に遊んでもらうほか、プレゼントとして提供。余ったおもちゃは市内保育施設などに譲渡するという。

 同プロジェクト実行委員会のイベント担当者は「家で眠っているおもちゃを活用して、子どもたちに新たな遊びの場を提供してもらいたい。老若男女問わず、今と昔のおもちゃで遊んで、教えて、学び合えるような場所づくりができれば」と話す。

 開催時間は10時~15時。参加無料。

  • はてなブックマークに追加