見る・遊ぶ 学ぶ・知る

横手・十文字道の駅で「ふれあい動物園」 フクロウなど展示

十文字道の駅で開かれている「ふれあい動物園」の様子

十文字道の駅で開かれている「ふれあい動物園」の様子

  • 65

  •  

 フクロウなどの猛禽類や小動物を展示する「ふれあい動物園」が現在、十文字道の駅(横手市十文字町)で開かれている。

十文字道の駅で開かれている「ふれあい動物園」で展示中のフクロウ(横手経済新聞)

 猛禽類の魅力を伝えることなどを目的に、秋田ふくろうプロジェクトが昨年に続き同施設で開く。

[広告]

 期間中、フクロウやハヤブサなどの猛禽類のほか、ヘビやトカゲなどのは虫類を日替わりで展示する。フクロウと記念写真を撮影できるスポットを設け、希望者には撮影した写真を使った記念缶バッジ(300円)を販売する。

 同プロジェクトの小坂信也さんは「新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、実際に触れていただくことはできないが、猛禽類を間近で見る貴重な機会として、足を運んでもらえれば」と話す。

 営業時間は10時~15時(土曜・日曜・祝日)。入場料は500円。10月31日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース