3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 買う

横手・増田の土産物店「まちの駅福蔵」が6周年

横手市増田町「まちの駅福蔵」の佐藤翔太朗駅長

横手市増田町「まちの駅福蔵」の佐藤翔太朗駅長

  • 51

  •  

 喫茶スペース併設の土産物店「まちの駅福蔵(ふっくら)」(横手市増田町増田、TEL 0182-45-4190)が6月22日、開店6周年を迎えた。

横手市増田町「まちの駅福蔵」の店内

 明治時代から続く町並みと内蔵が多く残ることから「蔵の町」として知られ、2013(平成25)年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された増田地域の土産店として2014(平成26)年、干し餅の製造販売などを手掛ける佐忠商店が開業した同店。

[広告]

 2016(平成28)年、現在の場所に移転し、内蔵をリノベーションした店舗に喫茶スペースを設けて営業する。

 無料で公開する内蔵は、観光客や地元住民の休憩所として利用されるほか、寄席や音楽イベントなどの会場としても活用される。

 ソフトクリームやコーヒーなど(160円~)などの喫茶メニューのほか、土曜・日曜のみ、同町産のそば粉を使う手打ちそば(700円~)や稲庭うどん(680円)なども提供する。

 同店駅長の佐藤翔太朗さんは「観光客の皆さんに多く足を運んでいただくなどして、6年間営業を続けることができた。増田は、どなたにもフラっと立ち寄ってもらえるような町。県内の皆さんにも立ち寄ってもらえる店づくりを続けられれば」と話す。

 営業時間は9時~17時。

Stay at Home