食べる 暮らす・働く

横手駅で「かるた」使いまちなか紹介 民間企業や団体が企画

かるたを使ってまちなかのスポットを紹介する「てのひらかるたん」

かるたを使ってまちなかのスポットを紹介する「てのひらかるたん」

  • 25

  •  

 かるたを使うまちなか紹介企画「てのひらかるたん」が現在、JR横手駅で行われている。

JR横手駅改札前に設ける「てのひらかるたん」ボード

 改札前に、喫茶店や飲食店などの駅から徒歩圏内にある店舗を文章とイラストで紹介する「かるた」20種類を入れたボードを設置。ボードからかるたを選んで、利用店舗に設けられる「かるたんPOP」に印刷された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、かるたに記載されたシリアルコードを入力することで、抽選で特産品などが当たる。

[広告]

 事業を企画した駅や地元観光団体などでつくるプロジェクト担当者は「かるたで紹介するスポットは、地元の女性が選んだ。かわいいイラストを描いているので、手に取って、まち歩きを楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 2021年3月31日まで。問い合わせは横手市観光推進機構(TEL 0182-38-8653)まで。