見る・遊ぶ 学ぶ・知る

横手で体験型イベント「つぎなにつくろう」 今年はリモート開催へ

横手の体験型イベント「つぎなにつくろ」の様子(昨年)

横手の体験型イベント「つぎなにつくろ」の様子(昨年)

  • 30

  •  

 「佐藤茅葺(かやぶき)店」(横手市平鹿町)店主の佐藤偉仁さん会長を務める実行委員会が12月10日、体験型オンラインイベント「つぎなにつくろう」を開催する。

 ものづくりの楽しさを知り、新たな可能性を見つけるきっかけにしてもらおうと、2016(平成28)年から開いている同イベント。毎年、市内外の親子連れなど約1000人が参加する。

[広告]

 今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインを使って開催する。当日は、家庭にある材料を使う「みそ玉」作りや、伝統工芸品「十文字和紙」を使った香り袋作りのワークショップと、神奈川県在住の刀箱師が刀の歴史などを紹介したり、佐藤さんが茅葺屋根の補修作業を解説したりする仕事紹介タイムも設ける。

 佐藤さんは「親子で参加して、伝統的な素材の素晴らしさやものづくりの喜びを自宅で感じてもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は、午前の部=9時~13時20分、午後の部=13時~17時。参加費は、ワークショップ=午前の部は3,000円、午後の部は4,000円、仕事紹介=500円。応募締め切りは12月10日。申し込みは同実行委員会(TEL 0182-24-0648)まで。