買う

横手で「どぶろく」発売 男性5人が受け継ぎ商品化

醸造所「四季彩館」が発売したどぶろく「六華(りっか)」

醸造所「四季彩館」が発売したどぶろく「六華(りっか)」

  • 59

  •  

 横手の醸造所「四季彩館」(横手市山内)が3月3日、どぶろく「六華(りっか)」を発売した。

どぶろく作りの様子

 20~40代の男性5人が、横手市で唯一「どぶろく」を作っていた杜氏の坂本勇さんから作り方などを受け継ぎ、立ち上げた同醸造所。2019(平成31)年に引き継ぎ準備を進め、新体制としては初めて醸造を手掛けた商品として販売する。

[広告]

 販売するのは、県内産「あめこうじ」を原料に使い、「飲みやすさをより追求した」という「ノーマル」と、「すっきりとしたのど越しを追求した」という「ドライ」の2種類。アルコール度数は15~16%。

 高橋健太郎社長は「年配の方にとっては懐かしく、若い人にとっては新しい味だと思う。ぜひ飲んで、横手市山内地域の豊かな自然を思い浮かべてもらえれば」と仕上がりに自信を見せる。

 出荷を見守った坂本さんは「若い皆さんが醸造所を継いでくれてうれしい。味見をしたが、しっかり米の味を感じることができるどぶろくになった」と太鼓判を押す。

 初回出荷数は132本。価格は1,100円(500ミリリットル)。道の駅さんない(山内土渕)のほか、県南のスーパーなどで扱う。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース