食べる 見る・遊ぶ

横手駅前で「かまくらバル」 雪まつりに合わせ「ホットビール」も

横手市で開かれる「かまくらBar」の様子(昨年)

横手市で開かれる「かまくらBar」の様子(昨年)

  •  
  •  

 横手市の雪まつり「かまくら」の観光客向け飲食イベント「かまくらBar(バル)」が2月15日・16日、横手駅東口で開かれる。

横手市で開かれる「かまくらBar」店内(昨年)

 冬の伝統行事に訪れる観光客に「市内の夜を楽しんでもらおう」と、横手市観光推進機構(横手市駅前町)が2018(平成30)年から開く。

[広告]

 3回目を数える今年は、地酒(500円~)やホットビール(500円~)などを提供するほか、地元飲食店など7店が屋台出店し、フードメニュー(300円~)などの販売を行う。飲食スペースには暖房を備え、テーブル席約50席を設ける。

 同団体のイベント担当者は「毎年楽しみにしてくれているお客さまが増えた。今年も温かい飲み物や料理を用意して、皆さまをお待ちしている。休憩スペースとして自由に利用してもらえれば」と話す。

 営業時間は11時~22時。