見る・遊ぶ

横手市増田まんが美術館で小畑健さん企画展 原画や資料500点展示

横手市増田まんが美術館で開かれる「小畑健展」チラシ

横手市増田まんが美術館で開かれる「小畑健展」チラシ

  •  
  •  

 漫画家・小畑健さんの展覧会が3月20日、横手市増田まんが美術館(横手市増田町増田、TEL 0182-45-5569)で始まる。

「横手市増田まんが美術館」内観

 「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン。」などのヒット作で知られる小畑さんの画業30周年を記念した巡回展。これまで、東京や新潟、大阪を回り、東北での開催は初めて。

[広告]

 デビュー作品「CYBORGじいちゃんG」や、現在ジャンプスクエア(集英社)で連載中の「プラチナエンド」などの原画のほか、作画資料など500点ほどを展示する。

 同美術館を運営する横手市増田まんが美術財団職員の佐々木悠花さんは「小畑健先生の作品は色彩も鮮やかで、漫画を読んだことがない人でも、目で楽しむことができる。幅広い世代の皆さんに楽しんでもらえる企画展なので、ぜひ足を運んでもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開館時間は10時~18時(入館は17時30分まで)。入場料は、一般=800円、高校生=600円、中学生=400、小学生=200円、未就学児無料。5月31日まで。

SmartNews Awards 2019