天気予報

20

18

みん経トピックス

秋田・羽後で「すげーな祭」「横手らしさ」テーマのWS

横手・美郷町でシンポジウム「わらの文化」入門の集い 県外からも100人超参加

横手・美郷町でシンポジウム「わらの文化」入門の集い 県外からも100人超参加

30年前の旧千畑町資料館開館時の資料

写真を拡大 地図を拡大

 秋田県の美郷町歴史民俗資料館 (美郷町)で3月5日、シンポジウム「わらの文化・入門の集い」が開かれた。

「わらの文化」入門の集いパネルディスカッション

 昨年10月に開館した同館で展示する600点に及ぶ「わら細工」と美郷町に残るわら細工の技術の保存と活用を図るため、美郷町教育委員会が開いた。基調講演の講師に宮崎清・千葉大学名誉教授を招き、県外からの参加者も含め100人以上が参加した。

 宮崎さんがコーディネーターを務めたパネルディスカッションでは、同館で展示する「わら細工」を旧千畑町住民グループ「ふるさと懇話会」とともに収集、保存してきた横手市の一ノ宮繁さんが「わら細工は全ての技術の原点といえるもの。これだけわら細工がそろうのは国内でも珍しいと聞いたので、町でもこの財産を生かす取り組みをしてもらいたい」と期待を込めた。

 一般参加者からも「専門的になりすぎると学ぶ人はついていけない。技術の保存と伝承(親しむこと)は違う取り組みが必要なのでは」「小さなわら細工でも室内にあると大変落ち着く。技術の継承とともに販売も考えていってもいい」など、さまざまな意見が出された。

 松田知己美郷町長は「わらには美郷の風景に通じる、無意識に感じる美しさや安心感がある。わら文化に親しむ機会づくり、環境づくりをしていく個人や団体を支援していきたい」と話した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング