学ぶ・知る

横手の温泉施設「ゆっぷる」がリニューアル 2日間で1000人超が来館

横手市「ゆっぷる」改装後の大浴場

横手市「ゆっぷる」改装後の大浴場

  •  
  •  

 温泉施設「ときめき交流センターゆっぷる」(横手市平鹿町醍醐)が12月21日にリニューアルオープンし、2日間で1000人を超える来館者が訪れた。

横手市「ゆっぷる」改装前の大浴場

 市が1995(平成7)年から運営し、平鹿地区特産のリンゴ100個以上を浮かべる湯舟などで知られる同施設。老朽化が進んだことから9月から休館し、大浴場を中心に約4カ月かけて改修した。

[広告]

 それまで白タイルや木材を使っていた浴場の壁面を張り替え、黒を基調にした壁面に赤いタイルなどを使いリンゴの図柄をデザインするなど改装した。

 同施設の柿崎幸司支配人は「新しくなった浴室で、これまで以上に気持ち良く利用いただければ」と話す。

 営業時間は6時~21時(1月~2月は7時~21時)。入浴料は、3時間以内=460円、1日=690円。第3水曜定休。